梅雨明け
7月を待たずに梅雨が明けてからずっと猛暑日が続いています。例年だと暑さは秋のお彼岸まで続きますので、これから9月23日(秋分の日)まで、2か月以上もこの暑さが続くことになります。暑いと怖いのが熱中症です。こまめに水分を採るなど気を付けたいと思います。

6月5日、にしお呼吸器内科アレルギークリニック様の上棟式が行われます。
大分市駄原、大分駄原テニスコートの並び、ローソン大分駄原店の隣で建設中のにしお呼吸器内科アレルギークリニック様の上棟式が行われます。そのあと、お餅まきが行われます。 クリニック様と近隣の方々との初めての接点となるイベントではないでしょうか。好天のもと、盛大に行われますことをご祈念致します。

ゴールデンウィーク
五月の連休に入り、各地の観光地はにぎわっていると報道がありました。地元大分でもコロナ感染予防のための行動制限が解除されている今、あちこちで賑わいがもどっているそうです。これで沈滞した経済が少しでも回復すればよいと思いますが、いまだ感染者が多い状況では手放しで喜べず、なんとも複雑な心境です。


待合室の椅子
先日、大分市森町でほんだ肝臓・胃腸内科クリニック様の内覧会があり、お手伝いに行きました。その時、待合室の椅子に座らせてもらったのですが、これが硬すぎず柔らかすぎず、本当に良い座り心地なのです。また隣の人との間が適度に空いていて、例えば込み合っている時、座っている人と人の間に座るのがなんとも心苦しいと思う時がありますが、この椅子ならばスムースに腰かけることができます。
椅子、日常ありふれた家具ですが、そんな椅子も日々進化しているのです。
さんさんと差し込む明るい陽光とこの心地よい椅子で待合室から癒される、そんな感じがしました。


まんえん防止等重点措置解除
まんえん防止等重点措置が解除されて2週間、2月28日は大分県で264人の患者が確認されたそうです。(西日本新聞)
新規感染者がなかなか減らない中でも、ワクチンの3回目接種が始まり、経口薬も登場しており、コロナとの闘いは続いています。以前はマスクの着用、三密を避ける、手指の消毒と行動制限でしか防御できなかったのですが、今ではワクチンや治療薬といった新たな武器があります。願わくば、今回の波を最後に感染状況が落ち着いてほしいと思います。