10月の出来事
10月はいろいろな出来事がありました。
まずは、ラグビーワールドカップが盛り上がりを見せた月でした。各地で関連イベントが行われ、海外からの観光客も目立って増えていました。期間中、大型台風の襲来もありましたがとうとう11月1日に決勝をむかえます。
関東を中心に大型台風の襲来や記録的な豪雨による深刻な災害が発生しました。長期にわたる停電と進まぬ復旧作業、あちこちで決壊する堤防、住宅地や農地にあふれかえる水。被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
また、去年に引き続き、日本人がノーベル賞を受賞しました。今年はリチウムイオン電池の開発で吉野彰名誉フェロー(旭化成)がノーベル化学賞を受賞しました。吉野さんは、なんでも、小学生の頃に読まれた本がきっかけで科学の道に進まれたとのこと。その本は、マイケル・ファラデーの『ろうそくの科学』というのですが、書かれたのは19世紀。それからおよそ1世紀半、世界中で読まれている超ロングセラーです。現在、岩波文庫と角川文庫で読むことができます。
そして10月22日は世界各国の王族や要人たちの前で、天皇陛下の即位正殿の儀が執り行われました。この日は午前中からずっとテレビに見入ってました。即位正殿の儀は、欧米で行われる戴冠式に相当するものですが、欧米のそれのような絢爛さは無かったものの、落ち着いた趣のある、我が国の美が表されたすばらしい儀式だったと思います。三権の長が万歳三唱するのを見ながら、令和と言う新時代の始まりを実感しました。

猛暑、酷暑、災害級とまで言われていた暑さが、9月も下旬になるとぴたりとおさまった感があります。昔から、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われていますが、実際に彼岸の時期の季節の急変には毎年驚かされます。
彼岸は秋分の日と春分の日の前後ですが、この両日は太陽が真東から昇り真西に沈み、しかも昼と夜の長さが同じになります。言うなれば季節の分水嶺の日です。だから、これからは夜の時間が次第に長くなります。
もう夏じゃないのですね。

キャッシュレス
10月1日から消費税が10%に上がりますが、政府の景気浮揚策として、キャッシュレス決済に限り、来年の6月まで、最大で5%のポイント還元が行われます。つまり、2%の税率アップ分を上回るポイントが返ってくるという、大盤振る舞いの政策です。もちろん全ての買い物がこうなるわけではありませんが、お得なことには間違いありません。
ところで、筆者の老親、80代無職の年金暮らし、地方の農村在住、ガラケー使用、は今でも車を運転し、買い物もします。ガソリン代や日用品の購入でポイント還元されたら大いに助かるはず、いや、こうした年金暮らしの高齢者こそ、今回の政策の恩恵に一番に浴するべきではないでしょうか。
しかし、筆者の老親は、残念ながらキャッシュレスにはなじみが無く、違和感や不安感ばかりが先に立ち、どうも及び腰、「知らない間に銀行からお金が盗まれたらどうしよう」と二言目には不安を口にします。それに対して筆者も、「絶対大丈夫」とはなかなか言えません。大騒ぎとなった7Pay、それに後を絶たないデータの流出や不正使用などなど、不安をあおることばかりですからね。
もっとも、筆者自身もつい最近まではこてこての現金主義者だったのですから、当然と言えば当然なのですが。

月着陸から50年
今年はアメリカのアポロ11号が初めて月面に着陸してちょうど50年にあたります。この時、人類は初めて地球以外の天体の石や土壌のサンプルを採取し持ち帰ることができました。そして、このアポロ計画以来、月をはじめとして地球以外の天体からのサンプル採取は行われていません。
そして、アポロ計画から50年目、日本の小惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウに着陸し、月以外の天体から初めてサンプル採取に成功しました。
50年前、アメリカのアポロ宇宙船は地球からおよそ38万キロ離れた、直径約3700キロの月に着陸しました。
そして現代、日本のはやぶさ2は地球からおよそ3億キロ離れた、直径約0.7キロの小惑星リュウグウに着陸しました。
技術の進歩もさることながら、人類のあくなき探究心はいまだ健在だと分かりうれしくもあり頼もしくもあります。

高齢ドライバー
高齢ドライバーの事故が立て続けに起こり、社会問題となっています。進まない免許の自主返納を見かねて、ある一定の年齢以上になったら強制的に返納させるという意見も出始めています。自動車の運転には常に死亡事故の危険がつきまといますから、高齢ドライバーに対してある程度の制限を加えることは必要だと思います。
しかし、免許を返納したくてもできない高齢者も相当数いることもまた事実です。
筆者の住む農村は高齢世帯が多く、通院や買い物等の日常生活では車が欠かせません。バスはありますが集落からバス停までの移動手段がありません。都市部で普及している宅配サービスも農村ではほとんど普及していません。
また緊急時、例えば夜中に高熱が出る等の急病の場合、夜間受け付けてもらえる医療機関は近くにありません。タクシーを呼ぼうにも、夜9時以降はタクシーは来てくれません。車が無ければ救急車を呼ぶ以外に方法はありません。しかし、軽い症状で救急車を呼ぶことには批判もあります。でも高齢者にとって、目の前の患者の症状が軽いか重いか、判断はできるでしょうか。
高齢ドライバーの事故を減らすには、高齢者から免許証を取り上げるのではなく、もう危険な運転をしなくてもよい社会にすることが最も肝心なことだと思います。