ドクター大写真
CHAPTER 9
永井循環器内科.生活習慣病.心臓クリニック
永井淳子 院長
平成30年5月開院

Phone:097-504-7855
http://www.nagaic.jp/
  Q1.簡単な自己紹介をお願いします。

九州大学薬学部を卒業し、薬剤師資格を取得した後に、奈良県立医科大学に入学しました。
卒業後、医師免許を取得した後は故郷である大分県に帰り、大分医師会立アルメイダ病院や豊後大野市民病院等で勤務した後に、大分市羽田にて、永井循環器内科.生活習慣病.心臓クリニックを開院しました。



Q2.クリニックの特徴として、検査機器や検査体制が病院並みに充実しているということですが、それはどのようなものなのでしょうか。

永井循環器内科.生活習慣病.心臓クリニックは、大分市羽田、米良バイパス沿いにある、広い駐車場を備えたリニックです。クリニックの名前の通り、心臓や循環器系の疾患をはじめとした生活習慣病に対応できるクリニックです。
当クリニックでは専門の臨床検査技師と数々の先進検査機器をそろえ、通常のクリニックに求められる以上に、検査の質の充実を図っています。
まずは超音波検査機器で、心臓、頸部、甲状腺、血管、腹部等の詳細な検査が行えます。これが、生活習慣による様々な疾患の早期発見につながります。
次に血液生化学検査では、自院に検査機が設置されているために、即日結果が分かるようになっており、すぐに診療に役立てることができます。また24時間心電図や肺機能検査機器もそろえております。
これら検査体制を充実させることにより、診療の質を向上させるとともに、身近に病院並みの検査が行える診療機関があることにより患者様の利便も向上させることができると考えています。



Q3.クリニックでの取り組みなどについてお聞かせください。

九州大学薬学部在学中より生薬に興味がありました。東洋医学も西洋医学もわたしたちの心身の健康のために歴史を培ってきました。この東洋医学と西洋医学の双方を駆使しながら、西洋医学ではカバーしきれないところまで、きめの細かい診療に取り組んでいきたいと思います。
特に、人間の精神(心)と体(身)は不可分で一つのものであるという、「心身一如」と呼ばれる東洋医学の考え方があります。この、「心身一如」という考え方に基づいて、患者様の身体だけでなく、心にも寄り添っていける医療を目指していきたいと思います。
また、クリニックのある羽田地区は背後に多くの人口を抱えています。その羽田地区に根差したクリニックとして、皆様の身近な診療機関として、多くの方々の健康増進に寄与していきたいと思います。
また、大分市中心部と下郡や羽田地区を結ぶ宗麟大橋が開通し、大分駅をはじめとする市内中心部からのアクセスも容易になり、より広い範囲からの患者様の来院も期待できるものと思います。
まだ開院したばかりですが、来院される患者様の期待に沿えるよう日々頑張っていきたいと思います。



記者後談  

広々とした敷地に建つ落ち着いた外観のクリニックです。院長の永井先生も、優しいお人柄です。
大分の主要幹線道路である米良バイパスに面しており、利便性は申し分ありません。加えて、先ごろ完成した宗麟大橋により、大分市中心部からのアクセスも格段に向上しました。
また、院内には最新の検査機器や分析機器が揃い、まるで病院の臨床検査室を思わせます。診療の質を高く保ちたいという永井先生の想いの現れだと思います。
ここにまた地域の核となるクリニックが誕生しました。
    他のドクター紹介を見る