ドクター大写真
CHAPTER 5
星野泌尿器科医院
星野鉄二 院長
平成21年6月開院
〒870-0938 大分市今津留3丁目2-1
Phone:097-552-0006
http://www.hoshino-hinyoukika.jp/
 

星野泌尿器科医院
院長 星野鉄二先生プロフィール

愛光高等学校、大分医科大学(現大分大学医学部)卒業後、同大泌尿器科に入局。
大分中村病院、三愛病院(現三愛メディカルセンター)、国立大分病院(現大分医療センター)、健康保険南海病院、公立おがた総合病院を経て星野泌尿器科医院を開院。

日本泌尿器科学会、日本透析医学会所属
星野泌尿器科医院

平成21年6月、大分市今津留、国道197号線沿い(星野整形外科医院、OBS大分放送の隣)で開院されました。
ブルーを基調としたカーテンウォールがきらめくとてもおしゃれなクリニックです。

受付と待合室



Q1 まず先生がご開業をする動機やきっかけについてお聞かせください。

 医師になってから常々、いつかは地元に帰り、地域医療に貢献したいと考えていました。
大学病院や関連施設で医療の知識と技術を身につけ、地元の方に恥ずかしくない医療を提供できる環境も整ったために開院を決意しました。

Q2 先生のクリニックの特徴などお聞かせください。

 当院では電子カルテシステムを導入し、完全デジタル化を行うことにより紙カルテやレントゲンフィルムを無くし、またファイリングシステムによりエコー、内視鏡、レントゲンなどの画像データ、尿検査、血液検査のデータを一元管理しています。これにより、患者様に対して迅速で分かりやすい病状説明が可能となっています。
また、受付、会計システムと連動しており、診察後の流れをスムーズにして患者様の待ち時間の短縮を実現しています。

手術室



Q3 先生が日ごろから留意されている点(患者様への対応、診療への取り組み等)がございましたらお聞かせください。

 泌尿器科の病気の特性上、相談するのも恥ずかしく一人でお悩みの方も多いと思います。当院はそんな患者様のための泌尿器科専門のクリニックです。患者様には病気のことを理解して頂くためにていねいな説明を行い、十分に理解して頂いた上で、痛みの少ない検査で正確に診断し、負担の少ない治療を行っています。

Q4 人工透析センターについて教えて下さい。

 透析療法は1回の治療時間も長く、決して楽な治療ではないと思います。そこで、少しでも患者様が快適に感じられるように工夫しています。まず電動ベッドを使用することで足やベッド上下など手元スイッチで簡単にポジション操作できます。車椅子に乗ったままで利用可能な体重計の導入等、患者様の身体がきつい状況でも利用が可能な設備を備えています。

人工透析

 また空調や照明にも患者様に対して配慮しています。空調の風が直接患者様にあたらないように工夫して設置し、照明の光も患者様の目に直接入らないように間接照明を取り入れています。その他にもDVD鑑賞やインターネットの閲覧もできるようにしています。
透析室に隣接した休憩室は非常に明るく、広いスペースを確保し、治療後に疲れた体をリラックスできる空間を提供しています。

記者後談

 星野先生は、物静かで穏やかで、それでいて笑顔が絶えないやさしいお人柄。
ご開業から4年がすぎ、先生の最初のお志の通り、今では地域医療の拠点として、多くの患者様から厚い信頼が寄せられています。
それは、何よりも患者様を第一に考える先生のお心によるものだと実感しました。

他のドクター紹介を見る