ドクター大写真
CHAPTER 8
かきさこ小児科
垣迫三夫 院長
平成25年3月開院

Phone:097-545-1000
http://kakisako-kids.com/
 

Q1 まずはクリニックの紹介をお願いいたします。

平成25年3月25日に開院しました。スタッフは受付に3名、看護師3名、と医師垣迫1名の常時7名で診療を行っています。小児科専門医ですので小児疾患一般をみています。また乳児健診、予防接種も事前予約で行っています。

明るく広々とした待合室

明るく広々とした待合室

Q2 ご開業に当たり、先生の思いや理念をお聞かせください。

開業するまでに、二十数年間さまざまな小児科外来(大病院からクリニック)での診療を経験してきました。診察、検査、診断や治療等日々すべて満足というわけにはいかないものです。むしろうまくいかなかった体験から多くを学んできました。その数多くの苦い経験を糧に、小児科の理想を目指そうと思い、それを形にしようと思いました。
診療理念は、開院してから明確な文章化はしていませんでしたが、常に心掛けてきたことです。2017年、1月3日、スタッフ一同に徹底するように当クリニックの診療理念として発表しました。

「為に生きる精神、奉仕の精神を実践すること。」

リラックスできる処置室

リラックスできる処置室

Q3 ご開業されて以来、毎日たくさんの患者さんを診察されています。先生の医院の特徴などあれば教えてください。

ハード面では、建物の外観はやや変わった感じですが、かわいく温かみがある感じにしたつもりです。自然あっての人間ですので、建物の外にはオリーブの木や、さまざまな花があります。待合室にもけっこうな観葉植物や若干のお花もあります。
大きな特徴は、建物から入ってすぐ、受付の真ん中にうすい緑の札の矢印表示。右側が一般外来、左側が予防接種と乳児健診のスペース。入口からすぐに待合室が2つに分かれます。これは小児科ならではのこだわりのひとつです。主な外来診察室は2つあり、それぞれに僕自身のお宝も飾っています。
ソフト面では、医師と患者さん側との垣根をなるべく低くし、やんわりした雰囲気づくりを心掛けています。今、開院4年目をすぎ、5年目にむかっているところです。さらに理想に近づくために、日々の課題をうやむやにせず、一つ一つ解決し、発展していこうと思っています。

院内感染予防のための隔離室

院内感染予防のための隔離室

記者後談

垣迫院長先生のお子様に対する特別な思いが詰まったクリニックです。お子様だけでなく大人も癒されるような、柔らかく優しい雰囲気です。小児科の場合は、お子様だけでなく不安を抱えたお母様方も来院します。お子様だけでなくお母様方もいっしょに包み込むような、そんな理想的な小児科クリニックです。

 

 

 

 

他のドクター紹介を見る